キルアくんは好きなので、(全然使ってなくても)誰かに食べさせることはしないのだ(笑)